2017年4月、東京・大阪・福岡に新しいコンセプトの混声合唱団が誕生しました。若手作曲家の作品を主に扱い、作曲家と頻繁に交流しながら一緒に音楽を作り上げていったり、優れた指揮者を招いてワークショップ形式で指導してもらい学ぶ機会を設けるなど、今までの合唱団にはない活動を目指しています。詳しくは、aedificatores についてのページをご覧ください。

春から新しく進学または就職で活動を開始する場所が、東京・名古屋・福岡の方には絶好の機会です。もちろんすでに住んでいる方も大歓迎です。

当面練習する曲は、下記の作曲家の方々の作品です。

  • 三宅悠太さん作曲の、2017年の新作「雨よ、降れ」(歌譜喜委嘱作品)
  • 朝日作曲賞 受賞の面川倫一さん作曲の「まぶしい朝」
  • 佐藤深雪さん作曲の「いちねんせい」(谷川俊太郎 詩)

次の記事