Q. aedificatores とはどういう意味ですか。
A. ラテン語で「作り上げる人たち」「建てる人たち」を意味します。これからの合唱界の新しいレパートリーを、作曲家と一緒に文字通り「作り上げていく」ことを意図しています。
古くからある宗教曲「Tu es Petrus(汝はペトロ)」で、

et super hanc petram aedificabo Ecclesiam meam
この岩の上に私は私の教会を建てるであろう

という一節の中にも出てくる単語と同じ語源です。

Q. メンバーの年齢制限はありますか。
A. ありません。

Q. 高校生でも加入できますか。
A. 絶対ダメ、ということはありませんが、練習時間も夜で学業に大きく影響が及ぶようなら、卒業してからの参加をお待ちしています。

Q. 合唱経験がないのですが、加入できますか。
A. 特にオーディションなどの加入制限は設けておりませんが、練習に定期的に参加し、前もって譜面を読んで音取りを自分で済ませておける方であれば可能です。

Q. 住んでいる土地からは少し距離があるのですが、遠隔地団員の制度はありますか。
A. 練習は基本的に毎週行われますし、日々の練習を大切にしたいと思っているので、定期的な練習の参加が難しい場合は、あまり無理をしないようにお勧めしています。もし確実な交通手段や宿泊先が確保できて、定期的に練習に参加することが無理なくできるのであれば、参加可能です。練習にあまり参加できなくてもオンステできるという遠隔地団員の制度はありません。

Q. 複数の指揮者がレッスンすると、音楽の一貫性が損なわれませんか。
A. そのように捉えることもできますが、音楽に唯一の答えはない、ということを考慮すると、複数の視点があることは音楽的にはプラスに作用する部分も多いのでは、と考えます。最終的な音楽的方向性は各地域にいるディレクター(指揮)が決定します。

Q. 毎月の団費や演奏会費用はどれくらいかかりますか。
A. 人数次第な面もありますが、一般的な合唱団の団費より少し安いくらい(学生割引あり)が毎月必要になります。楽譜代、ボイトレ費用などは別途ですが、出版社の全面協力のため、楽譜は市販価格より安い場合もあります。ボイトレは参加人数にもよりますが、個人で受けるよりも経済的です。
演奏会でのチケット代で委嘱などの必要経費を賄うことを想定しているため、割り当て分のチケットを売り切れば、手出し分はないようにする予定です(おサイフに優しい合唱団)。詳しくはそれぞれの地域の「団員募集」のページを参照してください。

Q. 舞台での衣装はどのようなものを着ているのですか。
A. 黒を基調とした衣装で、男声はスタンドカラーの長袖シャツとし、アクセントカラーの紫のアクセサリーを取り入れることが多いです。

Q. 見学に行ったら加入しなければならないのですか。
A. もちろんそんなことはありません。 見学大歓迎ですので、 是非1度遊びにいらしてください。

次の記事